So-net無料ブログ作成

色々なモノを痛くしてみる(汎用・番外編) [その他のデコ(痛系)]

 ここ最近、アキバblogさんから来られる方が多いようですので、 ここでちょっとデコレーション記事の番外編を書きます。

 普段は型紙を作成してからゲーム機やポータブルオーディオに貼っているのですが、今回は「何でもデコレーション(痛い仕様?)してみる」方法を・・・

 本当は型紙より先にこちらを書いた方が良かったのかな?

 ただこの方法はデメリットが多いので個人的には微妙だと思っていますケド。

 今回の方法で作成が可能なのは、
  ・ネットブックの天板
  ・携帯電話の液晶背面
  ・GBASPの液晶背面
などなど。

 正直、常時手が触れる場所に対しての使用はあまりオススメしません。これは、インクが落ちるてシールを貼った物そのものが汚れてしまう事があるからです。

 どうしても常時手が触れる場所に今回のシールを使用したい場合は、シリコンケースやクリアケースを使用したり、透明なマニキュアを印刷面に塗るなどして、印刷面を保護して下さい。

 今回はiPhoneの背面を使って作成します。そして使用するシートは「のびるラベル」。

 

あとは普段の作業と同じでカッターを用意して下さい(良く切れるカッターを推奨)

 では作業開始です。


1・のびるシールへの印刷
 Inkscape、Word、年賀状ソフト等自分が使いやすいソフトを使用し大きさを調整して、好きなイラスト等をシールに印刷して下さい。

名称未設定 12.jpg


2・大きさの確認
 印刷したシールの余分な箇所を切り取り、貼り付け対象とサイズの確認をして下さい。ギリギリのサイズだとコーナー箇所の貼り付けが大変になるので、なるべく大きめに切って下さい。

RIMG0200.JPG


3・切り取りラインの確認
 ネットブックや携帯電話、GBASPを真横から見るとわかりますが、必ずと言っていいほど外周に部品と部品とを合わせた溝があります。後々重要になるので必ずこの溝が外周を1周している事を確認して、溝の場所も覚えておきます。

RIMG0196.JPG


4・シールの貼り付け
 シールを貼り付ける時は台紙から一気に剥がしてから貼り付けるのではなく、少しずつ台紙から剥がして貼っていく方が位置を確認する事ができるし、取り回しが簡単になります。
 また空気が入らない様に少しずつシール自体を延ばしていく様な感じで貼って下さい。

RIMG0203.JPG


5・全体をしっかりと覆う
 シールを貼る場所だけでにではなく、本体全体を覆う感じでシールを貼って下さい。この際にも空気が入ってない事を確認してゆっくり作業をする事。

RIMG0204.JPG


6・溝を確認する
 3で確認した溝の部分を再度確認します。また確認時にカッターの背やテレホンカード等の薄い物を溝に押し当て、カットする線が見える状態にしておくのがオススメ。これをしないとカットする場所がわからなくなった時に本体にカッターのキズが付く恐れが・・・

RIMG0207.JPG


7・溝にあわせてカットする
 先ほどの溝にカッターの刃を入れてカットします。ちなみに使用するカッターは良く切れる物を使用して下さい。切れ味が悪い物を使用すると切り口が悲惨な事になります。

RIMG0208.JPG

RIMG0209.JPG


8・完成
 すべての溝に刃を入れて余計なシールを取り除きます。

RIMG0211.JPG

 最後に「スイッチ」や「カメラのレンズ周り」等の余計な部分をカットして完成♪

RIMG0210.JPG


以上で作業完了です。普段に比べると一見簡単そうだけど、
 ・シールを貼る物自体に刃を入れる(本体に直接貼った場合)
 ・インクが落ちやすい
等をしっかりと頭の中に入れて作業をするようにして下さい。

 上の例ではiPhoneそのものにシールを貼りましたが、今回の方法で保護ケースをオリジナルに仕上げることも事もできます。そっちの方が本体に刃を入れる必要が無いので安心して工作出来ると思います ^^;

 この方法で作成するとコーナー部はたしかにきれいな仕上がりになるけど、印刷の質やシール貼り付け後の事を考えると普段の型紙の方がやっぱり好きかな?

注:今回の作業で大切なPC・ゲーム機・携帯電話にキズが付いても当方では一切の責任を負いません。作業はかならず慎重に行って下さい。


nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 15

コメント 4

take

のびるやつは、きれいに貼れる分コーティングシート?が貼れない(無い)んですね。
それでも、ある程度は色が落ちにくくなってるんですかね?
お試しでやってみようかな。。。
by take (2010-04-07 11:44) 

ロック

iPhoneのような丸い形は貼りにくいように感じましたが、のびるシールというものがあるんですね。初めて知りました。こういうのが出来る人、羨ましいです・・・

私、まろまろは結構好きだったりします(笑)
by ロック (2010-04-07 22:01) 

ほかほか

take さんコメントありがとうございます。

のびるシートは薄いシール1枚なので表面が何も保護されないんですよ。普通の用途であれば色落ちもそこまで気にする必要は無いと思うのですが、ゲームによってはかなりボタンを連打する場面もあるし、人によっては熱中しすぎて汗をかいたり・・・
そんな訳で余程曲面があるとき以外はあまりオススメじゃないんです ^^;

by ほかほか (2010-04-12 10:42) 

ほかほか

ロック さんコメントありがとうございます。

iPhoneの背面に直接貼る場合や、ケースの背面に貼る場合にはのびるしーるじゃないととてもじゃないけど貼ることが出来ないんです ^^;
私自身そんなに器用ではないので案外簡単にできるカモです ^^

まほろは・・・イイデスヨネw
by ほかほか (2010-04-12 10:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る