So-net無料ブログ作成
検索選択

EOS M、EOS 40D、PowerShotS95で高感度時のノイズを比較してみた [写真(デジタル一眼)]

 「EOS M」を数日間持ち歩いて写真を撮ってみましたが、他に所有しているカメラとの役割分担が決まらない・・・

 まぁ3台のカメラを使っての比較とかやってないしね ^^;

 そこで今回はこの3台で高感度時のノイズの比較をしてみる事にしました。

 3台ともISOを1600に固定し、絞り値は2.8の絞り優先モードで撮影。
 (比較的同じ明るさのレンズを使用した為、3台ともシャッタースピードは1/25になっていました)

 部屋を薄暗くし、床の上に置いたMacBookAirを撮ってみました。
 (写真をクリックすると圧縮率はそのままで縦横のサイズだけ50%に縮小した写真が表示されます) 

・EOS M
変換 ~ M-1600.jpg
 
・EOS 40D
変換 ~ 40D-1600.jpg
 
・PowerShot S95
変換 ~ S95-1600-01.jpg
 
 縮小したものを見る分にはほどんど変化は感じないかな?そもそもノイズが気にならないし♪
 
 でもでもそんな写真の一部を拡大すると・・・

・EOS M
変換 ~ コピー ~ M-1600.jpg
 
・EOS 40D
変換 ~ コピー ~ 40D-1600.jpg
 
・PowerShot S95
変換 ~ コピー ~ S95-1600-01.jpg
 
 こうすると一目瞭然。EOS Mが一番ノイズが少ない♪

 EOS Mだけ更に上のISO 6400、ISO 12800も試してみました。

・ISO 6400
変換 ~ M-6400.jpg
 
・ISO 12800
変換 ~ M-12800.jpg

 ISO 12800はさすがにノイズがいっぱい。

 この様子だとISO 6400までは常用しても大丈夫そうな感じかな?

 ここまでの結果からすると、小型&高感度時のノイズの少なさで全てをカバー出来そうな今回の「EOS M」。

 購入時の値段、画質、本体サイズ共に満足なんだけれど、数日間使って思ったのは、

 「画質は非常に満足。でもタッチパネルがちょっと使いにくいよっ!」

という事。

 普通のコンデジを使ってる人がコレに買い換えるのであれば文句は出ないと思うけれどね♪

 今までのカメラ(EOS 40D、PowerShot S95)では本体上部のダイヤルを回すだけだった「モード切替え」はもちろん、設定に関するほとんどの操作がこのカメラではタッチパネルを使わないとダメなんだよねぇ。

 購入直後は「ボタンが少ないからスッキリしていて良いね♪」と思っていたんだけどね・・・

 不満が出たのは昨晩の撮影の時。

 風が冷たくて寒い中、指をぷるぷるさせながらタッチパネルを使うのがキツかったのであります!
 
 まぁ「慣れ」と言われればそれまでなんだけどね・・・

 購入当初は「コレは40Dと交代かな?」と思っていたけれど、色々考えると40Dはまだ手放せそうにないかな? ^^;
 (正直、S95との交代になりそうな気がする・・・) 
 

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る