So-net無料ブログ作成
検索選択

EveryPad3を買ってみた [モバイル(Android)]

 タブレットでもなく、スマホでもない存在のファブレット・・・

 6.4インチ液晶を搭載しているXperia Z Ultraみたいなものですな。

 本体のサイズも似たようなものだし♪

 ヤマダ電機のタブレットコーナーで遊んでいたところ感じの良い店員に声をかけられ、「今ならポイントを~」と提示してきたのでEveryPad3を衝動買いしてしまいました。
 
20160110_212400-01.jpg
 
 ちなみに購入価格は、34800円+消費税、10%ポイント還元。

 開封するとEveryPad3本体とご対面。
 
20160110_212705.JPG 

 なんというか、この梱包方法は見飽きているのでワクワク感がありません。

 もっとこう「宝物!」みたいな楽しく開封できる梱包の仕方って無いのかな?

 EveryPad3本体の他にパッケージに入っているのは、
 
20160110_212832-01.jpg
 
 ・スタイラスペン
 ・USBケーブル
 ・ACアダプタ
 ・SIMトレー取り出しピン
 ・簡易マニュアル(ヤマダ電機で作成したもの?)

 一般的なスマートフォンやタブレットとは違い、スタイラスペンが標準で入っているのが親切な気はしますが、ペンは使わない派の私からすると「余計な物はいらないから安くして」みたいな・・・w
 
 肝心の本体はというと、iPhone6 Plusとそっくりとしか言えないような ^^;

 表面は、少し本体を大きくしてホームボタンを無くしたiPhone6 Plusという感じ。
 
20160110_220023.JPG
 
 背面はカメラのある本体上部がiPhoneと少し違うだけみたいな・・・w
 
20160111_004338-01.jpg 

 そうそう、背面を見るとすぐにわかるけれど、このヤマダ電機の製品として売られている「EveryPad3」。

 実はLenovo製だったりします。

 正確には、Lenovoの「PHAB Plus」という端末の国内販売版ですな。

 まぁいくらLenovo製とはいえ、ここまでiPhoneそっくりな作りはどうかと・・・ ^^;
 
 コーナー部だけを見たらiPhoneにしか見えませんw
 
20160111_004542-01.jpg 
 
 電源を入れるとヤマダ電機関係のアプリへのショートカットと、EveryPad3とデカデカと書かれた壁紙のホーム画面とご対面w
 
20160110_220221.JPG 

 このまま使うのはちょっと恥ずかしいかな? 

 「あとはSIMを入れて~」とSIMトレーを取り出したのですが、SIMトレーのデザインを見てびっくり!
 
20160110_220823-01.jpg
 
 このEveryPad3ですが、何気にデュアルSIM対応端末でした ^^;
 (衝動買いの為、知らなかった)
 
 ちなみにこのSIMトレーは、nanoSIM+MicroSIMか、MicroSD+MicroSIMの組み合わせで使用するとの事。
 
 私はMineo(Dプラン)のnanoSIMとMicroSDカードを使う予定だったので、SIMカードはアダプタを使いMicroSIMサイズに変換し、MicroSDと一緒にトレーにセットしました。
 
20160110_221114-01.jpg
 
 APNの設定が終わると普通にdocomoのLTEを掴み、ネットワークの設定は完了。

 単純に購入価格だけ言ってしまうと、Lenovo PHAB PlusをEXPANSYS辺りで購入したほうが安いと思います。(1/14時点で30945円)

 ただ国内でのサポート(EveryPad3は2年保障)を考えると差額はあまり気にならないかと・・・

 用途にもよりますが、Xperia Z Ultraの代替機を探していたり、通話の出来る小型タブレットを探している人にはお勧めかと思います♪

 まぁ背面ロゴが許せればというのもありますけどねw
 
20160111_004509-01.jpg
 
 「by YAMADA」ってどーなの?
 



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る