So-net無料ブログ作成
検索選択

スズキ純正ナビ用のUSBソケットを市販ナビ用に加工してみた [車(乗り物)]

 改造とか加工というレベルの程の作業ではありませんが、もし同様の作業を行うのであれば自己責任で行うようお願いします。


 今回は珍しく車ネタです。


 先日友人からとある連絡が入りました。


 「市販ナビのUSB端子を固定しようと思って、純正オプションのカタログに載っていたUSBソケットを買ってきたんだけど、端子が違って付けられないからどーにかならない?」


 話からすると、どうやら以下のスズキ 純正ナビ専用のUSBソケットを買ったらしい。


2017-05-19.jpg


 お値段はある意味でビックリの2754円(本体価格2052円+取付費702円)!!


 まぁエーモン辺りのメーカー純正っぽいソケットも1500円ちょいはするので、純正なら仕方ない・・・のか? 汗


 そしてこのUSBソケットとナビを接続する為の専用ケーブルの値段で発狂!


 本体価格3240円+取付費1404円の合計4644円!


 4500円って!!電気街のその辺に行けばS-ATAケーブルが束で買えますよ!!


 まぁ車の純正オプションって新車で購入する時に色々付けて、値引き幅を大きく見せるためのボッタクリ価格というイメージだからなぁ・・・
 (注:あくまでも個人的な偏見です)


 そんなUSBソケットですが、私の家に持ち込まれたのでとりあえず見てみました。


20170518_201553.JPG


 表面にはUSB端子(メス)が配置されているだけのシンプルな物。


 んで、問題の裏側


20170518_201715.JPG


 確かに専用っぽいやw


 とはいえ、所詮はUSBソケットなので配置されているピンの数は、USB端子のピンアサインと同じ4本だけ。


 てな訳で市販のケーブルを使ってちょこちょこっと工作してみました。


 使ったケーブルはコレ


20170518_201734-01.jpg


 ヨドバシカメラにて257円。


 本来はパソコンのマザーボードや拡張スロットに付けたUSBカードに接続する為のケーブル。


 ピン側はオスになっているけれど、これ引っこ抜くだけでメスになりますんでご安心をw


20170518_201812-02.jpg


 早速USBソケットとケーブルを接続して、テスターで調べてからピンを挿して接続作業は完了。


20170518_201929.JPG


 そしてこのUSBソケット+ケーブルに100円ショップで買ってきたマウスを接続して、パソコンで動作チェック!


20170518_202111-01.jpg


 USB延長ケーブルの加工みたいなものだから、そりゃ間違っていなければ普通に動くよねぇ~♪


 そして動作確認後にはホットボンドでピンを固定して作業は終了。


20170518_202523-01.jpg


 車の中で使う以上、振動でピンが抜けてしまう可能性がある以上、ちゃんと固定しておかないとね!


 一度USBソケットをダッシュボードに固定してからの作業は正直面倒だし・・・


 今回の作業だけど、今後の為にも一応図を載せておきます。
 (簡単な作業だけど備忘録として)


図面1.jpg


 今回使用したケーブルとスズキのUSBソケットの組み合わせの場合、図に記載した色の線の色を指定のピンに接続すれば使えるようになります。


 一応左側にUSB端子(オス)を載せておいたので、「こんなケーブルに250円も出せるかよっ!!」という人は、100円ショップで適当なUSBケーブルを買ってきてもどうにかなると思うw


 もし、今回のスズキ車用のUSBソケットではなく、他社で似たような物があったとしても、USB端子の配列は「+5V」「-DATA」「+DATA」「GND」の4つだけなので、テスター等を用いて調べれば苦労はしないっしょ ^^;


 テスターが無くてもUSB端子のピンアサインがわかっているのなら、100円ショップで売られているUSB LEDライトの配線辺りを延ばして、それぞれの端子にショートさせて組み合わせを探ればどうにかなると思う。


 まぁメーカー純正オプションがもう少し安ければこんな作業は必要ないんですけどね ^^;



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る