So-net無料ブログ作成
検索選択

ミニチュア X68000 Ver2.0の作成 その1 [3Dプリンタ(ミニチュアPC)]

 先日から作り始めたミニパソの「Power Macintosh G3」っぽい何か。


20170529_231558-01.jpg


 これが終わったらMSXでも作ろうかなというのが前回までのお話。


2017-05-18.jpg


 作業は順調に進んでいるのですが、これに組み込む予定のRaspberry Pi Zero Wを見ていたところ、


 「これだけ薄くて小さいのであれば、X68にピッタリなんじゃね?」


なんて事を考え始めてしまい作業の手が止まってしまいました 汗


20170529_231655-01.jpg


 ほらっ、Zero Wさんは小さくて薄いですからねぇ。


 作業中のMacintosh G3っぽい何かは何回かパテを盛っているので、完成までそんなに時間が掛からないところまでは来ているけれど、思い立ったらどうにも止まらない正確が・・・ 汗


 以前作ったSHARP X68000 XVIっぽいコレ。


20170529_231733.JPG


 中に組み込んでいるのはOrenge picoというBASICで遊べる小さなパソコン。


 通常のRaspberry Piと似た感じの基盤になっているので、X68シリーズの「ツインタワー」にはなっていません 汗


 斜めから見るとツインタワーっぽいっていうだけw


 正面から見るとツインタワーの部分が左右に別れていないのが丸わかり 汗


20170529_231747.JPG


 そんなツインタワーですが、Raspberry Pi Zero W用にすれば再現できるのではないかと・・・


 そんな訳で、ちょっと寄り道してX68000っぽい何かの2号機(X68000 Ver2.0) でも作ってみようかと思います。


 とりあえず、ささっと作ったデータがこちら


2017-05-30 (2).jpg



 まぁ、何とかなると思いたいw


 



QIDI技術3Dプリンター/ ABS / PLA 1.75mm デュアル押出/色
QIDIテクノロジー
定価 ¥87,400
(2017年6月13日15時29分時点の価格)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る