So-net無料ブログ作成
検索選択

パソコン(その他) ブログトップ
前の5件 | -

第8回 マウスコンピューター飯山工場アウトレットセール開催決定だよ~! [パソコン(その他)]

 本日、今年も長野県飯山市にある「マウスコンピューター飯山工場」でアウトレットが行われると発表がありました。
 (下の画像をクリックすると訳ありセールのページが開きます) 
 
スクリーンショット 2015-07-07 12.22.35.jpg
 
 開催日程は7月25日と去年より少し早め。
 そして開催時間も前倒しの短めとなっております。
 
 ちなみに去年このセールで購入した私のデスクトップPCは今も元気に稼働中です♪
 
 ・去年のアウトレットの記事はこちら

 まぁ購入直後に色々とパーツを変えたので中身はほとんど別物ですけどw
 
 ・パーツの載せ替えについての記事はこちら 

 ちなみにこの訳ありセールで扱われている物ですが(過去の様子だと)
  ・売れ残った旧PC
  ・売れ残ったパーツで組んだPC
  ・デモ機 
  ・BTO後のキャンセル品
  ・故障品を再整備したもの
  ・箱つぶれのディスプレイ
という感じなのかな?

 キャンセルor再整備品があるのは間違いないと思います。

 だって、去年私がアウトレットで購入したPCについてマウスコンピュータに問い合わせした時の事ですが、PC本体のシリアルナンバーを伝えたところ別の方の苗字が出てきましたので ^^;

 それとセール品の販売台数についてですが、広告に載っている商品以外にも次から次へと会場にPCが運ばれてくるので、超目玉品(90%オフ)みたいな物以外の半額程度の物は普通に買えます。
 これから開催日に向けて少しずつ公開されていく商品の「微妙なスペック違い」とかもありますしね ^^;

 なのでぶらーっと遊びに行ったら「売り切れで何も無かった!」という事は無いかと思われます。

 あくまでも去年と同じならですけどw

 そうそう、今年は新幹線が開業しているので「マウスコンピューター飯山工場」に新幹線で行こうと思っている人がいるかもですが、この工場は駅から少し離れています。
 タクシーを使えば問題ないですが、歩きはちょっときつい距離なのであしからずw

 飯山に行ってマウスコンピューターのアウトレットで買い物をしたら、イナリ食堂でラーメンとジョッキコーラ。
 
 これが私のオススメですw
 
 とりあえず財布の中身と相談しないと・・・ 

液晶ディスプレイを買い換えてみた [パソコン(その他)]

 うちのメインPCに接続されている液晶ディスプレイはAcerの「AL2423WBtd」という2007年に発売されたものです。
 
20140526_205344.JPG
 
 バックライトにLEDが使われていない液晶ディスプレイなので、最近のものと比べると消費電力はバカ食いの90W!
 
 ああっ、使われているパネルはもちろん激安のTNパネル♪

 なので、寝っころがりながらディスプレイを見ると(液晶ディスプレイを見上げる格好で使用すると)、画面が黒くなってしまいます。
 
20140526_205457.JPG
 
 単なる表示するための道具として考えればまだまだ使えそうな感じだけれど、長い目で見ると「消費電力の大きさ」「HDMI非搭載」という2点が気になったので今回買い換える事にしました。

 今回購入した液晶ディスプレイはコレ
 
20140526_205742.jpg
 
 PHILIPSの23インチ「234E5QHSB/11」
 
 お値段は18000円弱なので23~24インチ最安と比べると3000円程度高いのかな?

 とは言えこの3000円の差は、パネルの種類や5年保障という違いを考えれば安いものだと思うんだよね♪

 ちなみに気になる消費電力は28.4W♪
 今まで使っていた液晶パネルとは凄い差です!

 お次は箱を開封して中身の確認。

 ・液晶パネル
 
20140526_205952.jpg
 
 ・その他付属品
 
20140526_205912.jpg
 
 HDMIとアナログRGBケーブルが付属しているのが地味にうれしい・・・

 液晶ディスプレイの中にはケーブルが付属していない事もあるしね♪

 とりあえず液晶パネルにスタンドを取り付け、今まで使っていた液晶ディスプレイと厚さを比較してみました。
 
20140526_210421.jpg
 
 差がありすぎて比較になりませんw

 最薄部となる液晶ディスプレイの淵で確認すると4倍以上の差があるのかな?

 肝心の入力端子はというと・・・
 
20140526_210110.jpg
 
 DVIは無いけどHDMIが2系統あるので問題ナシ!

 ここで早速PCに接続して電源を入れ、まずは寝っころがってディスプレイを見てパネルの違いを確認♪
 
20140526_211106.JPG
 
 前と違って画面に何がどんな色で表示されているのかがよく分かります♪

 これで今後のPC生活が快適になるよ~。
 
 めでたしめでたし♪
 
20140526_224955.JPG
 
 と、本来は機嫌よく液晶ディスプレイの交代が終わるはずだったんですけどね・・・
 
 というのもコレっすよコレ
 
20140526_224820-01.jpg
左:今回購入した液晶ディスプレイ   右:今まで使っていた液晶ディスプレイ
 
 今回の液晶ディスプレイだと、今まで普通に表示されていた壁紙が入りきらないのであります!
 
 解像度が今までの液晶ディスプレイと違う液晶ディスプレイを買ってしまったという単純なミスをやってしまいました orz

 今まで使っていた液晶ディスプレイの解像度はWUXGAなので「1920x1200」。
 一方今回の液晶ディスプレイはFullHDなので「1920x1080」。

 というわけで、縦方向が狭くなってしまったのです ><

 動画を見たりゲーム機と接続するのであれば何ら問題は無い(むしろ快適?)なんだろうけれど、私の場合は普通の作業で使うので少し違和感が orz
 
 消費電力の少なさはもちろん、画質、入力機器切り替えやすさ等で満足だっただけに少し悲しい・・・

 縦方向の角度によって画面が見づらいと悩んでいる人にはおすすめの液晶ディスプレイだと思います♪

 もっともフルHDという解像度で問題がなければという前提はありますけどね ^^;
 



Raspberry Piに電源スイッチを付けてみた [パソコン(その他)]

 ネットで検索すると出てくるのは本体にスイッチを取り付けて、「ボタンが押されたらシャットダウンさせる」というようなプログラム的なもの多いけれど今回のはものすごく単純な電源スイッチです。

 そもそもRaspberry Piには電源スイッチが付いておらず、MicroUSBを本体にさす事で電源オン。逆に抜くと電源オフという単純な物だったりします。

 私のRaspberry PiにはRaspbmcを導入済みなのでメニューから「電源オフ」を選択する事で電源は落とせるけれど、電源オンにする時には本体にささったままのMicroUSBケーブルを一度抜いてさし直す必要が・・・

 とまぁ、とにかく面倒なんです!!

 という事で、ちょっとしたスイッチをUSBケーブルに付けてみようかと流用できそうな物を100円ショップに探しに行ったところ、素晴らしいアイテムを発見しました♪

20140408_003833-01.jpg

 USBケーブルにスイッチを追加するコネクターw

 自作しようと思っていた物がそのまま売られてたww

 ちなみにお値段は100円(税抜)。

 使い方は・・・説明するまでも無いですね ^^;

20140408_003923-01.jpg

  
 というわけで、コレをUSBケーブルとUSB端子付きのACアダプタの間に使用する事で、Raspberry Piの電源オンがかなり楽になりました。

20140408_004244.JPG

 ケーブルを抜き差しするより、スイッチをOFF-ONにする方が断然楽だもん♪

 休日には結構100円ショップに行くことが多い私ですが、今回のアイテムはシルク(2店舗)でしか見なかったので、他のショップにあるかどうかは分かりません ^^;

 それにしても、USBケーブルはもちろんですが、今回のUSBスイッチコネクター、USB端子付きACアダプタ(ダイソーにて購入)までもが100円ショップで売られているというのは凄い時代だね・・・

20140408_003802-01.jpg


Raspberry Piに無線LANアダプタを付けてみた [パソコン(その他)]

 Raspbmcを入れた事により、ほぼ毎日稼動している私のRaspberry Pi。

 詳細は前回の記事を参照してください
   http://pink-banbi.blog.so-net.ne.jp/2014-04-03

 動作上はこれといった不満は無いけれど、本体に刺さっているケーブルの存在が・・・

20140408_213515-01.jpg

 カードサイズのコンパクトな端末なのに、ケーブル3本の存在が少し気になるのであります!

 やっぱり可能な限りシンプルにした方がいいと思うんだよね・・・

 そこで今回、無線LAN接続に変更する事にしました♪
 (電源のMicroUSBやテレビとの接続に使うHDMIは無理だしね)

 買ってきた無線LANアダプタはPlanexの「GW-USNano2-G」という小型のアダプタ。

20140408_212738-01.jpg

 実はこのアダプタを買うのはかなり苦労しました orz

 ネットで調べてみたところ、Raspbmcに最初から入っているドライバで動く無線LANアダプタってかなり限られているみたいなんですよね・・・
 そしてこのアダプタは結構前に発売されたもので今となっては入手が困難・・・

 秋葉原では見つけられず諦めかけていたところ、地元のエディオンで発見したので無事確保できました♪

 ま、その後でオリジナルパッケージに入った「Amazon限定」なる物が安く売られている事を知った訳ですが・・・ orz

 そんな無線LANアダプタですが早速設定開始です♪

1、本体の電源を落としてアダプタを取り付け、起動後にホームから「Raspbmc Settings」を選択
20140408_213945.JPG

2、ネットワークの設定の「Network Mode」を「Wireless (WIFI)Network」に変更
20140408_214012.JPG

3、下の方にある「WIFI SSID」「WIFI Security」「WIFI KEY」に自宅の設定を入力
20140408_214023.JPG

 これだけでOKというお手軽さ♪

 スマホの無線LANを設定するぐらいの難易度だと思います。

 そして私のRaspberry Pi(Raspbmc)は無線LAN対応となり、無事ケーブルを1本減らすことが出来ました。

20140408_213450-01.jpg

 スッキリな見た目になったよっ!

 そしてネットワークの設定が終わって確認として「システム情報」をチェックした時にふと思った事が・・・

20140408_214246.JPG

 ま、これはまた次のお話という事で♪

 Raspberry Piネタ、もう少し続きます・・・


Raspberry Piを買ってみた(導入編) [パソコン(その他)]

 結果からいうとRaspberry Piをネットワークプレイヤー化するのには説明不要なぐらい簡単に終わってしまいました。
 
 備忘録の必要すら感じない作業だったけれど、最近物覚えが悪くなっている気がするんだよね・・・
 
 というわけで、一応まとめてみました。
 

 
1・下のサイトから「Raspbmc」のインストーラーをダウンロード
  RaspbmcはRaspberry Piをメディアプレイヤー専用機にする為のディストリビューションとの事。

2・Raspberry Piで使うSDカードをPCに接続して、ダウンロードしたインストーラーを実行

3・処理が終わったらRaspberry PiにSDカードを挿し、HDMI・ケーブル・LANケーブル・マウス・キーボードを接続して最後にMicroUSBを接続。

4・勝手にインストール作業をするのでしばらく放置
20140401_210757.JPG
 
5・言語選択画面になったらマウスで「Japanese」を選択。自動で再起動。

6・タイムゾーンを変更する為、メニュー内の「システム」の中から設定を変更。

7・トップメニューの「ビデオ」からフォルダを選択し。「追加」をマウスでぽちっとして、自分のネットワークの動画フォルダを選択して登録。

8・フォルダ名が追加されるのでそれをクリックするとフォルダ内の動画が表示される。
20140401_233124.JPG 
 
9・動画を選択して問題なく再生されるかチェック!
20140401_233204.JPG
(ユーザー名がハッキリ写っちゃったので少しだけボカシました ^^;)
 
 以上で終了♪

 導入に費やした時間は30分弱(そのほとんどがインストールの処理時間)。
 キーボードは一度も使うこと無く、マウスも使ったのは数回だけというすばらしいお手軽さ。
 最近のWindowsのインストールとほぼ変わらないか、それ以下の難易度って感じ?
 
 動画の再生能力は結構あるみたいで、MP4形式でエンコードしたHD動画が普通に再生できた!

 とまぁ、一通り動作確認が終了したので、ここで一度シャットダウンしてケースに入れる事に♪

 だって今の状態は、
 
20140401_233402.JPG
 
 このまま使うには見た目に多少の問題がね ^^;

 そこでaitendoにて購入のアクリルケースの登場!
 
20140401_233740.JPG
 
 この専用ケースはネジや接着剤を使用しないので、サクサクっと組み立てて完成♪
 
20140401_235235.JPG
 
 ケースナシよりだいぶマシになったよね??多分・・・

 そしてHDMIとLAN、電源となっているMicroUSBの合計3本のケーブルをRaspberry Piに接続して起動!
 
20140401_235657.JPG
 
 「マウスの接続忘れてるぞ~」だって??

 実はXBMCのリモコンとして動作する「xbmcRemote」というアプリがiPhone・Androidのストアにあるのさっ♪(無料)
 
20140402_000418.JPG
 
 とまぁここまでも十分満足なRaspbmcだけれど、さらに予想していなかった出来事が♪

 この大陸産激安液晶テレビは、入力によって液晶の設定が変わる仕様だったりします。
 
 そこで、画面の明るさを調整すべく設定画面を開いたところ・・・
 
20140402_000109.JPG
 
 この液晶テレビ、「XBMC」の存在を認識してるよ!

 どうやら液晶テレビとブルーレイレコーダーを連係させる「なんとかリンク」みたいなのが有効になったらしぃw

 おかげでテレビ付属のリモコンを使ってXBMCのほとんどが操作出来るというスバラシイ状態に♪
 
20140324_003107.JPG

 PC内の動画を見たくなったらテレビのリモコンで入力をHDMIに切り換えて、そのままファイルを選択するだけで動画が再生されるというこの一体感!
 
 さらに動画再生中に他の入力に切替えてから再びRaspberry Piに戻すと、切り換えた場面からスタートするというレジューム機能付き♪

 Raspberry Piを見えない所に設置すれば、普通の人はテレビに搭載された機能だと思うよ。マジで。

 ちなみにもう一つの目的だったYoutubeの方はというと、メニューからアドインをインストールするだけで使用できるようになります♪
 (もちろんインストール作業もテレビのリモコンだけで出来る!) 

 いや、これが6000円以下で実現できるっていうのは本当に凄いと思う。

 今回はテレビにメディアプレイヤー機能を付ける為にRaspberry Piを購入してRaspbmcをインストールしたけれど、本当は他のOSを入れてハムスター用監視カメラ等もやってみる予定だったのにあまりにも実用レベル過ぎて今回購入したRaspberry Piはずっとこのままで良い気がしてきた ^^;

 そうなるともう1台・・・
 
 困ったものですな orz 


前の5件 | - パソコン(その他) ブログトップ
メッセージを送る