So-net無料ブログ作成
検索選択

パソコン(Windows) ブログトップ
前の5件 | 次の5件

PV4を復活させてみた [パソコン(Windows)]

 旧パソコンでは大変お世話になったキャプチャーボードの「PV4」
 
変換 ~ 20140806_213509-01.jpg
 
 新しいパソコンに取り付けたキャプチャーボードは取り込みに使うソフトのおかげで「ある程度快適」だけど、アナログでの音声入力という点が少し気になる・・・
 (アナログだと光デジタルに比べてケーブルが太くなる点もイヤだ!) 

 とはいえ、現在売られているマザーボードに搭載されているPCIスロットのほとんどは、「PCIexをブリッジで接続したもの」&「多くのマザーボードに搭載されているチップでは帯域不足が生じる」という理由からHD画質でのキャプチャーは無理みたい。

 オリオスペックで売られているPCIexをPCIに変換するライザーカードにはそれらとは異なるチップが使われており、HD画質でのキャプチャーが可能みたいだけど、値段がちょいとお高いのとケース内のレイアウトの問題がね・・・

 そこで、「マザーボードに搭載されているのとは異なるチップを採用している」「入手しやすい(少し安い)」「レイアウトで悩まなくて良さそう」これらの条件を満たしそうな変換アダプタを探して買ってみました。

 玄人志向「PCI-PCIEX1」
20140821_213415-01.jpg
 
 よほど在庫の動かない変換アダプタなのか、日に焼けてパッケージがピンク色っぽく変色していますw

 そしてこの変換アダプタに搭載されているチップは「Pericom PI7C9X」という物。
 
20140821_213442-01.jpg
 
 開封してアダプタを見るとPCIをPCI Express×1に変換してくれるアダプタというのがすぐわかります。
 
20140821_213544-01.jpg
 
 これで問題なく動作してくれればいいですが・・・。

 ちなみにこの変換インターフェースカードは、ロープロのPCIカードをPICeに変換するものなので、そのままPV4を装着するとケースに収まりません。
 (ケースの加工をすれば問題無し)

 だってPV4のサイズってロープロじゃないだもん♪

 そんな訳でPV4のブラケットを外しての装着。
 
20140821_213715-01.jpg
 
 そしてケースに付けるとこんな感じ。

・ケース背面から
20140821_214423.JPG
 
・PCIブラケットネジ固定箇所
20140821_214455.JPG
 
 ケース背面の写真で見ると分かるように、PV4の2つある入力のうち片方がケースに隠れて使えなくなります。
 
 塞がれてしまうD端子の部分はPCIカードのブラケット固定する場所にくるので、ほとんどのケースで装着可能になるのでは?

 しいて言うと、変換アダプタを使用しているので高さが変わっている為、ブラケットを固定するネジから上に3.5cmほどのスペースが必要になります。
 (スペースが無いとケースが閉まらない等の問題が発生)

 写真で説明するとこんな感じ
 
20140821_213715-02.jpg
 
 PV4はブラケットを外してあるのでそのままではケースへの固定は出来ないので、「何らかの方法で固定する」or」「ケースを加工する」という必要があるかもしれません。

 私の場合は・・・そのまま何もせず使いましたw

 後は普通にパソコンを起動させて、通常通りドライバ・ソフト等をインストールして画面の表示を確認!
 
 肝心のHD画質での録画と再生をチェックしてみると・・・
 
20140821_225243-01.jpg
 
・・・普通に動作しましたw

 固定の問題はあるものの、最近のマザーボードでPV4やPT3等が正常に動作しなくて困っている人には良いのかな?

 玄人志向の製品なので手軽に入手可能だしね♪

 とりあえず今回のパソコン新調計画はこれでひとまず終了。

 使った金額はマウスコンピュータにて普通に買ったのと同じ69000円ぐらい。

 キャプチャー環境や、SSDへの換装、旧パソコンからのメモリを追加等を考えると、コスパは良いと思うので満足満足♪


SSDを買い換えてみた(SanDisk SSD UltraPlus 256GB) [パソコン(Windows)]

 新しいパソコンになってから1ヶ月弱。

 少しずつだけど原型がなくなりつつある私のパソコン   

 購入時(定価69000円->34000円で購入)
 ・MB:GIGABYTE GA-H81M-D3V 
 ・CPU:Intel Core i5 4460(Haswell Refresh)
 ・RAM:DDR3 8GB(4GB×2)
 ・HDD/SSD:500GB HDD
 ・グラボ:Intel HD 4600(On Bord)
 ・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
 ・電源:350W(80PLUS BRONZE)
 ・OS:Windows7 Home Premium

 現在の仕様(赤い文字が変更点)
 ・MB:ASUS B85M-G
 ・CPU:Intel Core i5 4460(Haswell Refresh)
 ・RAM:DDR3 16GB(4GB×4)
 ・HDD/SSD:128 SSD+500GB HDD
 ・グラボ:GeForce GTS450 ECO
 ・光学ドライブ:BD-Rドライブ
 ・電源:350W電源(80PLUS BRONZE)
 ・OS:Windows7 Professional
 ・その他:キャプチャーボード(HDMI/D/コンポーネント)

 Windowsが起動さえしてしまえばとても快適なパソコンになっています。

 そう「Windowsが起動さえしてしまえば」ね・・・

 実はマザーボードを交換する前から一発で起動しない&再起動に失敗する事がしばしばありました ^^;
(起動ドライブをハードディスクから手持ちのSSDに変更してから症状が発生)
 勝手に何回かリーブートを繰り返してからWindowsが起動するという状態。

 色々テストしてみたところ、SSD接続時にBIOSでSSDを見失う事があり、その時にリーブートが発生している事が判明。

 「SSDが壊れたのかな?」と思ったので、他のSSD(同じ種類)を接続してみたものの同じ症状が発生。

 更に別のメーカーのSSDを接続してみてもやっぱりダメ。
 
変換 ~ 20140819_235850_01.jpg
 今回使用した3台のSSD

 この3台のSSDはほぼ同世代のJMicronのコントローラを使ったSSDなのでその辺りが原因なのかな?

 SSDのファームウェアを更新すれば問題修正が出来たかもしれないけれど、

  ・DOSからのファームウェア更新が面倒
  ・3年前から使っている
  ・容量が少ない

という事もあったのでSSDを新しくする事にしました。

 今回買ったSSDはSanDiskの「UltraPlus 256GB(SDSSDHP-256G-G25AZ)」
 
変換 ~ IMG_4526.jpg
 
 パッケージの中身は、
  ・SSD本体
  ・厚さ7mmのSSDを9mmにする為のアダプタ
  ・ペラペラのマニュアル
 とこれシンプル。

 環境引越しのマニュアルやデータ移行ソフト等が付属していないので、初めて環境丸ごとHDDからSSDに移行する人(自分で一からWindowsのセットアップが出来ない人)には正直オススメできません。

 そういうサポートが充実している方が良い人は、多少値段が高くてもI-O DATA等から出ている「環境引越しソフト」付属のSSDをオススメします。

 早速新しいSSDをパソコン本体に取り付けて、Windowsのセットアップ・アップデートを行い数時間で引越しが完了。

 今回のSSDの速度をベンチマークで計ってみると・・・
 
変換 ~ スクリーンショット 2014-08-10 00.28.00.jpg 

 今まで使っていたSSDと比べるとかなり速い♪

 最近のSSDは低価格でもなかなか良いスコアを出しますねぇ♪

 ちなみにこのパソコンに付属していたHDDのスコアは、
 
変換 ~ スクリーンショット 2014-08-09 21.29.55.jpg
 
 ・・・まぁこんなものかな?

 今回購入したSanDiskの「UltraPlus 256GB(SDSSDHP-256G-G25AZ)」ですが、容量・値段・速度のバランスは結構いいと思う。

 同価格帯だとSAMUSUNのSSDがあるけど、VAIO時代にSLC採用のSSDを使っていた身からすると、TLCを採用しているSSDにはちょっと不安が・・・

 メーカー保障も3年あるので、安くて速いSSDを探している人には良いかもですよ~♪
 
変換 ~ IMG_4529.jpg 

 ちなみに今回のSSD交換の発端となったBIOSでのSSD見失いは、SanDiskのSSDに交換してから一度も発生していません♪

 69000円を34000円で買ったパソコンに対し、マザーボード交換・キャプチャーボード追加・SSD交換で現在約3万円の追加出費。

 まぁ定価でパソコンを買ったと思えばまだ5000円程度安くすんでいるので良しとします ^^;




キャプチャーボードを付けてみた(エクスカリバー DC-HD1B) [パソコン(Windows)]

 私のパソコン環境にとって重要な存在であるキャプチャーボード。

 このボードを使う事でゲームのプレイ動画をパソコンに取り込む事ができるようになります。

 ちなみに前のパソコンで使用していたキャプチャーボードはアースソフトのPV4
 
変換 ~ 20140806_213509-01.jpg
 
 今回もこのボードが使えれば問題無いのですが、新しいパソコン(新・旧マザーボード)にはPV4の接続に使う「PCIスロット」が無いのです!
 
変換 ~ 20140807_194016.jpg
 
 現行のマザーボードでもPCIスロット付きの物があるけどそれらには別の問題があるみたい。
 (この事についてはまた後ほど) 
 
 そんな訳でキャプチャーボードを新調する事にしました。

 今回新しく買ったキャプチャーボードは「ドリキャプ・エクスカリバー DC-HD1B」
 
変換 ~ 20140806_213842-01.jpg
 
 コンポーネント&D端子での接続が可能なのに10000円以内で買えるという低価格♪

 私の家の環境ではAVアンプがHDMIに対応していないので、コンポーネント&D端子が必須なのです ><

 早速箱を開けようとしたところ、「この剣を抜いた者に魔法の力を与えよう、さぁ心して抜いてみるがよい。ただし、その力を悪しき事に使う者には天罰が下ることを忘れてはならんぞ。」という、怪しい文章が・・・ ^^;
 
変換 ~ 20140806_213904-01.jpg
 
 非常に怪しいキャプチャーボードです ^^;

 箱の中身はこんな感じ。
 
変換 ~ 20140806_213956-01.jpg
 
 ・ドリキャプ本体
 ・CD-ROM
 ・D端子用接続ケーブル
 ・コンポーネント用接続ケーブル
 ・ロープロ用ブラケット
 ・マニュアル
 
 ロープロ対応のボードなのでサイズはコンパクト。
 
変換 ~ 20140806_214018-01.jpg
 
 先ほどの箱に書かれている剣が指していたのは、このブリッジ接続されている怪しい部分。
 
変換 ~ 20140806_214109-01.jpg
 
 ココをニッパーでカットするとHDMIでの接続時にとある機能が無効になるみたいですが私の場合はスルー。

 そもそも「コンポーネント(D端子)」にこだわってこのキャプチャーボードを購入したのでHDMI接続は使わないし保障が使えなくなりそうなんだもん♪

 まぁこんな怪しいボードにそこまでのサポートは期待していませんけどねw

 パソコンへの取り付け方法は、

1、ドリキャプ本体をPCI Expressスロットへ取り付ける
2、パソコンの電源をオンにする
3、新しいハードウェアを検出したらCD-ROMをセット
 (検出しない場合はデバイスドライバから読み込ませる)
4、ドライバを読み込ませる。
5、CD-ROMに入っているアプリをインストール
6、アプリを実行すると表示・キャプチャーが可能

と手順は簡単。

 私の場合は付属のアプリではなく、「アマレコTV」というフリーソフトを使用しました。
 
変換 ~ 20140807_004130-01.jpg
(注:HDMIではなくコンポーネント端子接続にて入力しました)

 「アマレコTV」の使い勝手が良い事もあってほぼ満足な環境にとなりましたが、前のキャプチャーボード「PV4」では光デジタルで音声を入力していたのに対し、今回はアナログケーブルでの入力・・・

 この1点がどうしても気になる orz


マザーボードを交換してみた [パソコン(Windows)]

 お盆前にマウスコンピュータ飯山工場のアウトレットにて購入した34000円の激安パソコン。
 
20140804_012106.JPG
 
 MicroATXなので本体はコンパクト!

 Intel Core i5 4460なのでそこそこ速い!

 350W電源(80PLUS BRONZE)なので省エネ!

とそれなりに満足しているけど気になる点が1つ。

 背面のUSBポートが少ねぇぇぇぇのでありますよ!
 
20140807_193625.JPG
 
 3つしかないよ・・・

 それに対し、背面USBに常時接続したい機器の数は、

 ・無線マウス
 ・インクジェットプリンタ
 ・レーザープリンタ
 ・カッティングプロッタ
 ・USB3.0 外付けHDD

の合計5つ。

 2つ足りません orz

 PCI ExpressにUSBのボードを追加したりUSBハブを使えば、USBが足りない問題は簡単にクリアできるけど、ボードの増設はPCI Expressスロットの空きが減るし、USBのハブを使うとパソコンの背面のがゴチャゴチャするからイヤだし・・・

 そんな状況を改善すべくマザーボードの交換をする事にしました。

 買ってきたのはASUSのマザーボード「B85M-G」
 
20140807_193953.JPG
 
 最新の9Xチップセットではないので、BIOSが古いと、今回のCPU(Intel Core i5 4460 Haswell Refresh)には対応してないのですが、対応済みのBIOSかどうかを確認して購入したのでこの点については問題ナシ。
 (秋葉原のBUYMOREではBIOSの書換え&確認が無料です)
 
20140807_194016.JPG
 
 早速CPUクーラー・CPU・メモリ・ストレージ・光学ドライブ等を外して、パパッと組み替えて作業は終了。
 
20140807_201255.JPG

 ちなみにパソコン購入時に付属していたWindows7はライセンスの関係で使えなくなったので、手持ちのWindows7 Professionalをインストール。
 (マザーが変更になりBIOSに登録されているメーカーではなくなったので認証も通らないハズ)

 マザーボードを交換したパソコンの背面を見てみると、
 
20140807_201325.JPG
 
 USBポートが6個になったよっ!

 本体付属のWindows7のライセンスが使えなくなったり、ACアダプタ付きのUSBハブを買うより出費はあったけど、パソコンの背面がスッキリ&今回のマザーボードにはメモリスロットが4本あるので旧パソコンで使っていたメモリも搭載出来たし満足満足♪

 当分はこの仕様で頑張ろうと思います ^^
 
 
 
 
 
 と、この時は思っていたのですが・・・

 続く
 



マウスコンピュータ飯山工場のアウトレットに行ってきた [パソコン(Windows)]

 電源ボックスから異音が発生し、「どうせお金をかけるなら新しく組むかな?」とも思い始めたのが先週の水曜日ぐらい。

 「組むとしたら、CPUはIntelのPentiumかAMDのAthlonを使って組もう!」と考え、そこから他のパーツ(マザーボード)を考えていました。
 AMDのFX-4300から乗り換えだと遅くなるけど、やっぱりPentiumという響きがいいんだよねぇ。

 486SX(20MHz)からPentium(75MHz)に乗り換えた時の感動が今でも忘れられないw

 そしてPentium(166HMz)を下駄を履かせてK6-2(300MHz)に・・・うほほっ♪

20140804_012208.JPG
写真は私のCPUコレクション(発布スチロール)にぶっさされたK6-2デス

 ・・・年齢がバレるから止めようw

 とまぁ、新しいPCの構成を考えながらネットでパーツの値段を見たり、ショップブランドのPCをチェック!

 そして見つけたのがマウスコンピュータ飯山工場で行われる「アウトレットセール」のページ。
 http://www.mouse-jp.co.jp/campaign/1408/wakeari.html
 
スクリーンショット 2014-08-04 12.40.23.jpg
 
 「そういえばこの時期に毎年やってるんだよなぁ~」と思いながら今回の商品を見てみると・・・
 
スクリーンショット 2014-08-04 12.40.36.jpg
 
 予算オーバーだから買うことは出来ないけど安い!
 
 真ん中のPCなんて、CPUの値段に少し足しただけでメモリを32GBも積んだPCになるよ!!
 (2014/08/04現在、カカクコムで62500円) 

 そんな訳で、土曜日はマウスコンピュータ飯山工場に行ってきました。

 自宅から車で2時間程度の場所に飯山工場があります。この辺りは休日の行動範囲なので別に気になる距離ではありません。

 寝坊したおかげで現地に着いたのは11時くらい。
 駐車場には長野ナンバー以外の車も沢山ありました♪
 
20140802_114528_01.jpg
 
 9時からスタートだったので商品が残っているか心配だったのですが・・・
 
20140802_114728.jpg 
 
 会場内に入るとPC本体(デスクトップ&ノート)と液晶ディスプレイの箱がいっぱいw

 このアウトレットセールは、全商品を会場に出してからスタートするのではなく、アウトレット開催中に次から次へ会場に運ばれてくる感じです。
 (台数限定の目玉商品もちらほら)

 ちなみにWebに記載されている台数限定の目玉商品以外も、ほとんど40~50%オフになっていました。

 機種はもちろん、パーツ構成違いの物がかなりあるので選ぶのに一苦労。
 というか選び放題で嬉しいからいいけどw

 そんな中ゲットしてきたのがコレ。
 
20140802_200421.JPG
 
 まぁ予算が予算なので、そこまで良い機種は買えなかったんですけどね orz
 (予算は40000円以内)
 
20140802_203140.JPG
 
 ・MicroATX
 ・CPU Intel Core i5 4460(Haswell Refresh)
 ・メモリ DDR3 8GB(4GB×2)
 ・HDD 500GB HDD
 ・グラボ Intel HD 4600(On Bord)
 ・DVDスーパーマルチドライブ
 ・350W電源(80PLUS BRONZE)
 ・Windows7 Home Premium

 定価67824円円を税込み34000円で購入。

 CPUとOSの値段で本体丸ごと買ってきた感じなのかな?

 普通のメーカーよりも安い飯山(マウスコンピュータ)のPCが半額前後で買えるのはやっぱり良いねぇ♪

 自宅に戻って初期状態で動作確認をし、今まで使っていたPCからグラボやSSD等を移植して完成!
 (初期状態での動作確認をしないと、機器増設後はサポートがダメな気がするのでしっかりと!)
 
20140804_012009.JPG
 
 電源の容量350Wと少なめなので気になるけど、今のところ問題なさそうです。

 もし電源不足になったら電源ボックスだけ大容量の物と交換かな?





 ・・・ん?

 そもそも電源ボックスだけ買い換えれば今まで使っていたPCは普通に動いたような・・・

 まぁ細かいことは気にしない♪

 来年この時期にパソコンが壊れる予定のある人は、これから1年チェックしてみたはいかが?
 (壊れる予定を入れている人なんかいないと思うけどw)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | 次の5件 パソコン(Windows) ブログトップ
メッセージを送る