So-net無料ブログ作成
検索選択

3Dプリンタを買い増ししてみた(QIDI X-one) [3Dプリンタ(本体)]

 現在ミニチュアPCのケース作成や、ファミコンミニ用ディスクシステムの作成で元気に動いている我が家の3Dプリンタ「Scoovo C170」。

m_20160302_201153-8aee6.JPG

 ネットの評判では残念なインプレがかなり多いものの、うちでは出力の速度を少し落としているせいかそれなりに動いています。

20170509_005238.JPG

 もっとも、出力したものを削ってパテで盛って、塗装して使っているので大きな影響を受けにくいというのもあると思いますが・・・

 そんな我が家の3Dプリンタ事情ですが、「2台あれば出力時間の短縮になるじゃん!」という事で1台買い増ししてみました。

 今回購入したのはQiDi社のX-one。

20170429_223610-01.jpg

 Scoovo C170とは対象的に、中国製、格安というイメージのプリンタ。

 格安と言っても購入時のお値段は49800円。

 届いたX-oneは「これでもかっ!」というぐらい厳重にしっかりと梱包されていました。

 付属品としてPLAフィラメント1kgはもちろん、交換用のノズルからスティック糊まで入っています。

20170429_223328.jpg

 同梱されているSDカードにCuraを改良したソフトウェアも入っているので、これだけあれば最低限のデータ作成・出力は可能な状態。

 とりあえず、とりあえず設置・準備・動作テストをしてから、Scoovo C170で出力したものとの比較かな?

20170509_005211.JPG

 まずは部屋の掃除をしなきゃですけどね ^^;



300円のモバイルバッテリーを買ってみた(ダイソー) [雑記(日常)]

 少し前からダイソーでは「ガールズトレンド研究所」とコラボしたモバイルバッテリーが売られていましたが、今回買ったのは何もプリントがされていないダイソーオリジナルVer.なのかな?

 ダイソーで売られている2000mAhのモバイルバッテリーを買ってみました。

IMG_2555-01.jpg

 お値段は300円。

 300円という値段はお手頃感満載だけれど、2000mAhという容量だけがちょっと気になる・・・

IMG_2567.JPG

 このバッテリーを分解したサイトによると、中に入っているのは「18650 2000mAh 3.7V」の汎用セルが1本入っているとの事。

 このセルは単体で購入しても1本300円以上するので、コスパだけみるとかなり良い感じ。
 (ノートPCのセル交換等で使う場合、セルの為にこのバッテリーを購入しても良いと思う)

IMG_2570-01.jpg

 端子としては給電用のMicroUSBが1つと充電用のUSBが1つだけというシンプルな構成なので、2台同時充電は出来ません。
 (そもそも2000mAhを2台で使うのは・・・w)

IMG_2572-01.jpg

 外装は樹脂で作られていて値段相応という感じだけど、充電・給電時にLEDが光ったりと最低限の機能はちゃんと付いています。

IMG_2575-01.jpg

 「100円ショップで購入可能」「300円という低価格」という事からオススメしている人もいるこのモバイルバッテリーだけど、私個人としてはスマートフォン用として使うのであればちょっと微妙だと思う。

 最近のスマートフォンは画面の大型化に伴ってバッテリーの大容量化が進んでいるし、そもそも10000mAhのモバイルバッテリーが2000円前後程度で売られていますからね・・・

 持ち歩きの事を考えてもスティックタイプよりも、薄いチリウムポリマーを使っているバッテリーの方がバックやポーチの中でかさばらないと思うのであります!

IMG_2580-01.jpg

 今回のモバイルバッテリーはガラケー、USB LEDライト等に使うのがベストかなと個人的には思います ^^;

 でもまぁ、100円ショップでモバイルバッテリーが売られるとは少し前までは考えられない世の中になりましたねぇ。

 

 


ライチョウを探しています [雑記(日常)]

 大町市にある某スーパーへ行った所、入り口付近の壁に「探しています」のポスターを見つけました。
 
IMG-20170408-WA0004.jpg 
 
 大町山岳博物館から逃げ出したライチョウの事はニュースになっていたので知ってはいましたが、あれから数ヶ月経った今もまだ見つかってはいないみたいですね。

 このあとゴールデンウィークも控えているので県外から観光で来られる方もいるかと思いますが、もし見つけたら大町山岳博物館まで連絡をお願いします!
 
 どうか元気に生きていてくれれば良いのですが・・・
 
2017-04-10.jpg 

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チャージ型のVISAプリペイドカードを作ってみた(ピコカ) [雑記(日常)]

 秋葉原はずれ、昌平橋の脇にある桜の木。
 
IMG_20170407_084207.jpg 
撮影日時 2017.04.07 8:40 

 先日よりも開花が進み、満開まであと僅かという感じ?
 
 ほんとう春ですねぇ・・・。 

 ここ数ヶ月、車の部品やスマホのアクセサリーを購入する際に、Aliexplessを利用する事が増えている私。
 
名称未設定 1.jpg
 
 ほらっ、海外メーカーのSIMフリー端末を使っていると、国内だけでアクセサリーを探そうとすると限界がね・・・ 

 そんなAliexplessですが、所詮は海外通販。

 登録してあるクレジットカードが変に使われないかとか、やっぱり気になっちゃうんですよね。
 (注:現時点で不正使用等の被害にはあっていません)

 そこで海外通販等のカード情報をあまり出したくない時の為にと、チャージ型のカードを作ってみることにしました。

 似たような物としてコンビニで買うことが可能なVプリカがありますが、あちらはネット専用でリアル店舗での使用ができないとか、色々と制限があるみたいなので・・・

 向かった先は地元のスーパー「デリシア」
 
20170321_115030.jpg
 
 前回に引き続きローカルネタではありますが、今回作成するカードとほぼ同じ物が全国チェーンのドラッグストア「ココカラファイン」でも作れます。発行している会社も「株式会社クレディセゾン」と同じなので、使い勝手はほぼ同じだと思います。
 
 早速店内のサービスカウンターへ行き「カードを作りたい」と言うと、店員さんが申込用紙を出してくれました。
 そして、名前・住所・電話番号・生年月日等の必要事項を記入して、発行手数料の100円を払うとカードがやってきました♪
 
20170323_224753.JPG
 
 とりあえずカードを受け取ったと同時に1000円分だけチャージしておきましたが、ATMからのチャージも対応しているみたいなので、次からはそっちでチャージかな?
 (セゾンカード、UCカードを持っていればオンラインサイトからチャージ可能)

 残高もオンラインサイトで確認出来るみたいだし♪

 自宅に戻って早速Aliexplessで使ってみたところ、今回作ったカードで無事決済する事ができました。

2017-03-21 (1).jpg

 色々ネットで調べてみると、このタイプのカードでMVNOの一部では契約が可能な所もあるらしい・・・
 カードの発行手数料が100円かかるものの簡単に作れるので、「クレカは持っていないけれどMVNOの契約がしたい!」という人はこういうカードを使って試してみるのも良いかも?
 
 もちろん無事MVNOが契約できたとしたら、引き落とし日までにはちゃんと入金しないとダメですよ!

 チャージした金額までしか使用できないとはいえ、クレジットカードと同じように簡単に買い物が出来てしまうので、使い過ぎには注意が必要ですけどね ^^;

 注:当方でMVNOの契約を試した訳ではないので自己責任でお願いします。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る