So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

UbuntuのCDイメージをUSBメモリに(USBメモリブート) [パソコン(ソフトウェア)]

 私は、CDブートのLinuxで遊ぶたびに「ディスクイメージをダウンロードしてディスクに焼くのが面倒だなぁ~」と感じています。そして今手元にあるネットブックにはCD-ROMドライブなどという機器は内蔵されていないわけで・・・(汗)

 そこで「USBメモリから配布されているブートCDそのものを起動できないかな?」と思い調べてみたところ、あっさりと見つかったので自分なりにまとめたものを備忘録として書いておくことにしました。

 また、この方法を使うとネットブックにUbuntuなどをインストールする際に光学ドライブが必要なくなったり、起動がCD-ROMよりも速かったりとかなり便利になります。

 とりあえずEeePC(900・901)とacer ASPIRE oneで確認したので、最近のネットブックなら大体は大丈夫かと・・・。(友達の、Panasonic R3でも問題なく使用できました)

注意:色々な面で初心者ですので間違っている箇所があったり、環境による違いがあるかもしれませんが、とりあえず自分用の備忘録という事なので大目に見てください(汗)

1、下調べ(EeePCとASPIRE one、Panasonic R3は問題なしなので無視して下さい)
 (1) USBメモリブートを行いたいパソコンにUSBメモリを付けて電源を入れる。
 (2) 電源投入後すぐに「Delite」キーを押す(PCによっては「F2」)。
 (3) ブート可能なデバイスとしてUSBメモリが認識されていたらOK

2、準備する物
・1GB程度のUSBメモリ
・UNetbootin
  http://unetbootin.sourceforge.net/
  ページ上部のWindowsのマークをクリックしてダウンロード。
・使いたいブートCDのイメージ
  例として「Ubuntu」を使用。
  http://www.ubuntulinux.jp/
  ページ左側の「Ubuntuの入手」からダウンロードのページに移動し、
  「日本語 Remix CD」のイメージをダウンロード。

3、作業開始
 (1) ダウンロードした「UNetbootin(ファイル名:unetbootin-windows-299.exe)」を実行する。

 (2) 表示されたウィンドウの真ん中「Diskimage」にチェックを付け、既にダウンロードしてあるブートCDのイメージを選択する。

usbメモリブート1.JPG

 (3) ウィンドウ最下部にある「Type」が「USB Drive」になっている事を確認し、すぐ右の「Drive」には実際に使用するUSBメモリが選択されている事を確認する。
   
 (3) 「OK」を押す

 (4) 終わったらUSBメモリをPCに指したまま再起動を行い、ブートデバイスをUSBメモリに変更する。
   (電源投入後すぐに「Delite」キー(PCによっては「F2」を押してBiosから変更)
   (EeePCは「Escキー」、ASPIRE oneなら「F12」で簡単に変更できる)

 (5) Ubuntuが起動したら完了。

とまぁ、かなり簡単に作成することができます。この方法でUSBメモリブートすることにより、

 ・CD-ROMと比べて遙かに起動が速い
 ・CD-ROMの無い環境でも起動することができ、HDDや他のUSBメモリ等にインストール出来る
 ・ディスクを焼く手間が省け、ディスクを消費しない分環境にやさしい

というすばらしいメリットがありますので、みなさんもお遊びとして一度普段とは違うOSを使ってみてはいかがでしょうか?一度味わったら毎回毎回ディスクを焼くのが面倒になりますよん。

 あっ、ちなみにブートCDのイメージをUSBメモリに展開しただけなので、ちゃんと使用するにはHDDにインストールするか、他のUSBメモリにインストールしないとダメだそうです。この後の行程についてはまた後ほど・・・。

 しかし、数ヶ月前々では「Ubuntu」自体知らなかったし、違うOSを使う時が来るとは思ってなかったんですけどね~。

私が使用したUSBメモリです。激安なので結構お勧めです。(容量が小さく速度もUSBメモリの中では遅い方ですが、ディスクイメージを入れるだけだしCD-ROMよりは速いのでこれで十分だと思います)

シリコンパワー USBフラッシュメモリー ULTIMA-II I-Series 1GB ブラック 永久保証 SP001GBUF2M01V1K

シリコンパワー USBフラッシュメモリー ULTIMA-II I-Series 1GB ブラック 永久保証 SP001GBUF2M01V1K

  • 出版社/メーカー: シリコンパワー
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 6

大場薫子

こんばんわ~♪

USBメモリとかSDとか最近激安なんですよねぇ^^;
なんなんだろ、この安さわ…みたいな(汗)
会社のPCはHDが少なくて30Gほどなんですが、
SDをHD化したほうがやすくない?みたいな^^;
それにSSDもこなれてきましたからねー(汗)

それとほかほかさんの情報はいっつも重宝してますお~♪
わたしのブログにもかいたSDカード購入もこのブログで見て
『今ってこんなヤッスイんかぁ~(髭男爵)』で購入決めましたっ(汗)
この記事のUbuntuをUSBでってのもちょとやってみよかな…とw
だってWindowsのIEが最近よくおちるんだものorz

でわでわ、また記事を楽しみにまってます^^v

by 大場薫子 (2008-12-04 23:35) 

ほかほか

大場薫子さん書き込みありがとうございます。

 最近のメモリの暴落ぶりはすごいですよ。余っているメモリを持っていながら、デザインと値段・容量に惹かれて一体いくつ持っているのかわからないような状態になっています。

 ubuntuは本土坊さんに教えてもらって使い始めたのですが、新鮮さがあって結構たのしいです。

 EeePCをもっているならなおさらお勧めですよん。SDカード・USBメモリを刺すだけで使えますので^^

 Windowsが使用不可能な緊急時にはかなり重宝しますです!
by ほかほか (2008-12-08 11:33) 

かず

Google検索で流れてきました m(__)m
こんな方法があったなんて! もう感謝感謝です。
これで昔のPC再利用出来そうです。ありがとうございます。
by かず (2009-06-02 20:55) 

ほかほか

かずさん書き込みありがとうございます。

 USBメモリからのブートは速いしかなり便利です。私も昨日VAIOにubuntuを入れるときに使ったけど、ストレス無しですからね~。ただブートCDみたいな感じになるので、
  ・USBメモリで起動 -> 別のUSBメモリにインストール
がお勧めです。
by ほかほか (2009-06-05 11:35) 

Kimball

ほかほかさん、
はじめまして!!(ご挨拶が遅れてすみません)
ご教示ありがとうございました!!m(__)m

いやあ、もう、こんな完璧な解説記事を
ただで読ませて頂いて申し訳ないです。\(^o^)/



by Kimball (2010-07-04 13:18) 

ほかほか

Kimballさんコメントありがとうございます。

この方法で現在配布されているバージョンも問題なくインストール出来るので、結構便利だったりします。
Ubuntuを使いこなしているかは微妙な私ですが、今回の記事が役に立てたみたいで良かったです^^

by ほかほか (2010-07-05 16:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1