So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ケロロニッパーを使ってみた (ゴッドハンド GH-KRN-125) [プラモデル(その他)]

 私のお気に入りのニッパー「グッドスマイルカンパニー 極薄刃ニッパー GOODSMILE RACING MSS-41」(以下、グッスマニッパー)。


20180322_212906-01.jpg


 お値段は2600円前後と私の感覚だと少し高めという感じですが、かなりのお気に入りの一品だったりします。


GSRモデラーズサポートシリーズ 匠TOOLS 極薄刃ニッパー
Posted with Amakuri at 2018.3.22
グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY)
販売価格 ¥2,580(2018年3月22日22時31分時点の価格)

 付属のバネ(という名のプラスチック)でニッパーの硬さが調整できるのと、何しろ「ニュルン♪」という切れ味が本当に気持ち良いんですわ♪


 そんなご愛用のニッパーですが、最近切れ味が少し落ちてきたのかなと思う事も少々・・・


 そんな中、少し気になるニッパーがあったのでそちらをポチってみました。


  ゴッドハンドのGH-KRN-125。


20180322_213336-01.jpg


 ケロロニッパー♪


ゴッドハンド ケロロニッパー
Posted with Amakuri at 2018.3.22
ゴッドハンド
販売価格 ¥830(2018年3月22日22時24分時点の価格)

 ゴッドハンドから発売されているアルティメットニッパーはいつか使ってみたいと思っているんだけど何しろお値段がね・・・


 ちなみに今回のニッパーは1000円以下なのでかなりお安い商品。


 まぁ安ければ良いのかというと微妙な世界ではありますけど 汗


 実際に使っている人の口コミでは、コスパはかなり良いとの事。


 さてさてその性能は・・・


20180322_215532-01.jpg


 今回このガンプラでちょこっと試してみました。


20180322_213402-01.jpg


 ん~、確かに1000円以下で売られているニッパー(金属製のヤスリやカッターナイフとのセット品)と比較すると確かに良いとは思う。


 「カチッ」としっかりとした手ごたえの切れ味。


20180322_214502-01.jpg


 まぁゲート処理はそれなりにしっかりやりましょうという感じはありますが・・・


20180322_215131-01.jpg


 少し使ってみた結果、個人的にはグッスマニッパーの勝利で決定!


 こちらの「ニュルン♪」という切れ味が癖になっちゃってて・・・


20180322_212920-01.jpg


 なんかプラスチックそのものの質が変わったみたいな感じなんだよねぇ。


 まぁ、カバーにはゴッドハンド製の物を愛用していますけれど♪


20180322_215614-01.jpg


 グッスマニッパー+ゴッドハンドのケース。この組み合わせがとりあえず私にとってのベストかな?


 ニッパーの刃って間違って触ってしまうとかなり痛いですから・・・


ゴッドハンド オリジナルニッパーキャップ
Posted with Amakuri at 2018.3.22
ゴッドハンド
販売価格 ¥150(2018年3月22日22時32分時点の価格)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。